消費税増税の際、在庫商品に関する消費税の取扱いはどうなるのか?

ユメタスコンサルティング » 消費税の増税について » 消費税増税の際、在庫商品に関する消費税の取扱いはどうなるのか?
no

消費税増税の際、在庫商品に関する消費税の取扱いはどうなるのか?


 
     
この記事を読むのにかかる時間 : 約5分


消費税増税の際、在庫商品に関する消費税の取扱いはどうなるのか?
ここでは、よく頂くご質問について取り上げてみたいと思います。
  
  

消費税増税前に仕入れた商品在庫について、
消費税が増税されたら消費税を納税する必要があるのですか?


消費税増税前(消費税5%)に仕入れた商品在庫に対して、
消費税が増税(消費税8%または10%)されても、差額の消費税を納税する必要はありません。

消費税は、売買されるタイミングで課税される税金です。
そのため、在庫として持っているだけでは消費税を払う必要はありません。

同じように、備品や設備として持っている物に対しても、
新たに売買しない限り消費税は課税されません。

 

消費税増税前(消費税5%)に仕入れた商品を
消費税増税後(消費税8%または10%)に販売するときはどうしたらよいのでしょうか?


【事例】
  仕入原価が本体価格8,000円(税込8,400円)の商品を、
  売価10,000円(本体価格)で販売するときは、
   消費税8%なら 10,000円+10,000円×8%=10,800円、
   消費税10%なら 10,000円+10,000円×10%=11,000円
  で販売することになります。


消費税増税は本来の利益に影響しないとはどういう意味ですか?


【ケース1】
  消費税増税前に本体価格8,000円(税込8,400円)の商品を1個仕入れ、
  増税前に1個10,000円(本体価格)で販売した。

(お金の流れ)
  仕入で8,400円支払、売上で10,500円入金、消費税500円-400円=100円納税で
  2,000円の増加。

(利益の計算)
  売上10,000円-仕入8,000円=2,000円の利益


【ケース2】
  消費税増税前に本体価格8,000円(税込8,400円)の商品を1個仕入れ、
  8%に増税後に1個10,000円(本体価格)で販売した。

(お金の流れ)
  仕入で8,400円支払、売上で10,800円入金、消費税800円-400円=400円納税で
  2,000円の増加。

(利益の計算)
  売上10,000円-仕入8,000円=2,000円の利益


【ケース1】・【ケース2】で比較したように、
増税前に消費税分だけ安く仕入れていても、増税後にその分多く納税することになります。
結局、本体価格での利益額は変化しないことになります。
  
ただし、簡易課税を選択している場合や、免税業者の場合は増税分を取り込むことができます。   
 
   
  
● 今回の記事はいかがでしたか? もし参考になりましたら、
  下記の「いいね!」ボタンをクリックして、口コミにご協力ください。
     

      
       


もっと知りたい方はこちらへ  
    
大まかなことは分かったけれど、
自分の事業に置き換えた場合、具体的にどうすればよいのか??
 
もう少し、自分の事業内容にそった詳しい解説がほしい・・・!

 ……そのように感じられて当然かと思います。
 
  ですがブログという性質上、
  個々の業種や状況などに応じた具体的な解説は難しいのです。
  
  よろしければ下のリンクから、どうぞお気軽にお問い合わせください。
  相談料は初回無料です。
                           ⇒ お問い合わせはこちら


   
  

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。