消費税の納税額はどのくらい増えるのか(増税の影響)

ユメタスコンサルティング » 消費税の増税について » 消費税の納税額はどのくらい増えるのか(増税の影響)
no

消費税の納税額はどのくらい増えるのか(増税の影響)


 

この記事を読むのにかかる時間:約3分
 

納税額はどのくらい増えるのか?

 
消費税込の年間売上高が変わらないものとして試算した、消費税の納税額は次のようになります。
  
  
【製造業の場合】 (単位:万円)

年間売上高 消費税5% 消費税8% 消費税10%
5,000
71
111 (+ 40)
136 (+ 65)
10,000
143
222 (+ 79)
273 (+130)
30,000
429
667 (+238)
818 (+390)
50,000
714
1,111 (+397)
1,364 (+649)
(注)
原材料を購入する費用や製造販売にかかる費用のうち、消費税が課税されている費用は
売上100に対して70として試算しています。
 
  
  
【小売業の場合】 (単位:万円)
年間売上高 消費税5% 消費税8% 消費税10%
5,000
48
74 (+ 26)
91 (+ 43)
10,000
95
148 (+ 53)
182 (+ 87)
30,000
286
444 (+159)
545 (+260)
50,000
476
741 (+264)
909 (+433)
(注)
商品を購入する費用や販売にかかる費用のうち消費税が課税されている費用は
売上100に対して80として試算しています。
  
  
 
【サービス業の場合】 (単位:万円)
年間売上高 消費税5% 消費税8% 消費税10%
5,000
143
222 (+ 79)
273 (+ 130)
10,000
286
444 (+159)
545 (+ 260)
30,000
857
1,333 (+476)
1,636 (+ 779)
50,000
1,429
2,222 (+794)
2,727 (+1,299)
(注)
サービス提供や販売にかかる費用のうち消費税が課税されている費用は
売上100に対して40として試算しています。
  
  
 
【この記事のまとめ】

消費税の税抜き売上高が変わらない場合、

  • 消費税が5%から8%に増税されると、納税額は、1.6倍になり、
  • 10%に増税されると納税額は、2.0倍になります。


  
● 今回の記事はいかがでしたか? もし参考になりましたら、
  下記の「いいね!」ボタンをクリックして、口コミにご協力ください。
     

      
       


もっと知りたい方はこちらへ  
    
大まかなことは分かったけれど、
自分の事業に置き換えた場合、具体的にどうすればよいのか??
 
もう少し、自分の事業内容にそった詳しい解説がほしい・・・!

 ……そのように感じられて当然かと思います。
 
  ですがブログという性質上、
  個々の業種や状況などに応じた具体的な解説は難しいのです。
  
  よろしければ下のリンクから、どうぞお気軽にお問い合わせください。
  相談料は初回無料です。
                           ⇒ お問い合わせはこちら


   
  

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。