消費税の増税前にやっておきたいこと(販売ツール・契約書類等)

ユメタスコンサルティング » 消費税の増税について » 消費税の増税前にやっておきたいこと(販売ツール・契約書類等)
no

消費税の増税前にやっておきたいこと(販売ツール・契約書類等)


 
     
この記事を読むのにかかる時間 : 約5分


販売ツールや契約書類の改定は余裕を持って


消費税の増税期日が迫ってきますと
印刷業者やコンピュータ関連の業者に業務が集中し、対応できなくなる恐れがあります。

増税期日が迫る前に余裕をもって準備していただきたい項目を挙げておきます。

値札、価格表、契約書、納品書、請求書、領収書、事務管理ソフトの更新などが必要になります。

税込1,050円と表示していた値札は、税込1,080円と表示する必要があります。

平成27年10月からは、税込1,100円と表示することになります。
商品の価格表も同様です。

契約書にも消費税率が記載されていれば、これも訂正したものを準備するか、消費税率を空欄にしておく必要があります。

納品書、請求書、領収書も消費税率が記載されていないか確認しておいてください。

消費税率5%と記載されていれば、消費税率が8%、10%と記載されているものか消費税率が空欄になっているものを準備してください。

そして消費税増税前に間違って使わないように区別して保管してください。
 
納品書、請求書、領収書をパソコンで作成することが少なくありません。

パソコンはとても便利ですが、消費税率の変更に対応させておかないと大きな混乱を起こすことになります。

消費税の増税は、請求書を作成する期日ではなく、納品の日付が基準になりますので、十分注意してください。

パソコンで売掛金の管理を行っているときは、その管理ソフトが消費税の増税に対応しているかどうか早めに確認して、対応しているソフトの準備をしておいてください。

市販の管理ソフトでなく、会社独自のソフトを使っている場合には特に注意が必要です。

増税直前になってからそのソフトを作成した業者に対応を依頼しても忙しくて対応が遅れる恐れがあります。

同様にレジスターも消費税増税に対応できるよう調整する必要があります。
レジスターの業者と早目に連絡をとってください。
 
ホームページやパンフレット、会社案内などにも
商品の値段表示がされていると思います。
この値段表示の改定作業が必要になります。

パンフレット、会社案内にシールを貼って値段表示をすることもできますが、印象がよくないですね。
 
商品の陳列棚に使うポップや商品カタログ、名刺やノベルティーグッズなども消費税の増税対応が必要かどうか確認してください。
 
結構細かいところにまで対応が必要になりますので、
チェックリストを作って、もれなくしっかりと準備してください。
  
  
● 今回の記事はいかがでしたか? もし参考になりましたら、
  下記の「いいね!」ボタンをクリックして、口コミにご協力ください。
     

      
       


もっと知りたい方はこちらへ  
    
大まかなことは分かったけれど、
自分の事業に置き換えた場合、具体的にどうすればよいのか??
 
もう少し、自分の事業内容にそった詳しい解説がほしい・・・!

 ……そのように感じられて当然かと思います。
 
  ですがブログという性質上、
  個々の業種や状況などに応じた具体的な解説は難しいのです。
  
  よろしければ下のリンクから、どうぞお気軽にお問い合わせください。
  相談料は初回無料です。
                           ⇒ お問い合わせはこちら


   
  

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。