消費税はいつ、どのように変わるのか(増税の時期)

ユメタスコンサルティング » 消費税の増税について » 消費税はいつ、どのように変わるのか(増税の時期)
no

消費税はいつ、どのように変わるのか(増税の時期)


 
この記事を読むのにかかる時間:約3分

消費税は、いつからどのように増税になるか

消費税の税率は、
平成26年4月1日から8%に、平成27年10月1日から10%に引き上げられます。

商品を仕入れた時、または製品を製造した時ではなく、
取引が行われる日が基準になります。

ですから、平成26年3月31日に製造した製品であっても平成26年4月1日に販売すれば、
消費税が8%課税されることになります。

同じく、平成26年3月31日以前に消費税5%で課税されて仕入れた商品を平成26年4月1日以降に販売すれば、消費税が8%課税されることになります。

  • 平成26年3月31日まで  5%
  • 平成26年4月1日から   8%
  • 平成27年10月1日から  10%



ただし経過措置として、建物の建築請負工事やソフトウエアの開発ついては、契約の締結から完成引き渡しまで長期間におよぶことが通例ですので、平成25年9月30日までに契約を締結した場合には、完成引き渡しが平成26年4月1日以降になっても旧税率の5%で課税されます。

同様に、平成27年3月31日までに契約を締結した場合には、完成引き渡しが平成27年10月1日以降になっても旧税率の8%で課税されます。追加工事がある場合には、追加分は追加契約の時点が基準になります。

建物の賃貸料やリース料は、原則平成26年4月1日から8%に、平成27年10月1日から10%に引き上げられます。

ただし経過措置として、平成25年9月30日までに契約を締結した場合には、平成26年4月1日以降になっても旧税率の5%で課税されます。

同様に、平成27年3月31日までに契約を締結した場合には、平成27年10月1日以降になっても旧税率の8%で課税されます。

ただし、条件が変更された場合には、その時点での税率が適用されることになります。

         
【この記事のまとめ】

消費税は、

  • 平成26年4月1日から   8%
  • 平成27年10月1日から  10%  に増税されます。

ただし、各種の経過措置もあるので注意が必要です。


  
● 今回の記事はいかがでしたか? もし参考になりましたら、
  下記の「いいね!」ボタンをクリックして、口コミにご協力ください。
     

      
       


もっと知りたい方はこちらへ  
    
大まかなことは分かったけれど、
自分の事業に置き換えた場合、具体的にどうすればよいのか??
 
もう少し、自分の事業内容にそった詳しい解説がほしい・・・!

 ……そのように感じられて当然かと思います。
 
  ですがブログという性質上、
  個々の業種や状況などに応じた具体的な解説は難しいのです。
  
  よろしければ下のリンクから、どうぞお気軽にお問い合わせください。
  相談料は初回無料です。
                           ⇒ お問い合わせはこちら


   
  

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。