会社のお金の全体像と儲けの仕組みを、ビジュアルでイメージとしてつかむ講習会

ユメタスコンサルティング » 経営コンサルティング » 会社のお金の全体像と儲けの仕組みを、ビジュアルでイメージとしてつかむ講習会
no

会社のお金の全体像と儲けの仕組みを、ビジュアルでイメージとしてつかむ講習会


たとえ決算書が読めなくても、
決算書からたった7つの数字を拾い出すだけで、分かりやすい図を描くことができます。

お金の全体像と儲けの仕組みを、ビジュアルでイメージとしてつかむことができる、
簡単な図が作れるようになるセミナーを開催します。

経営判断に必要なツボ、分かりますか?

「なんとなく、これくらいなら・・・
  でも大丈夫かな、なんとなく不安・・・」


大半の中小企業では、決算や確定申告が終るとほっとして、通常業務に戻ります。

税理士に決算書や申告書の作成を依頼しても、
これを経営を発展させるヒントにしている社長は、ごくわずかです。

「数字は苦手だから…。」
「決算書の説明を受けても難しくてよくわからない…。」

などと敬遠していませんか?

もしくは、

・今期は交際費が多かった。
・わずかでも黒字になったから良かった。

程度の振りかえりで終わってませんか?

・黒字だけれど、あといくら儲ぐと借金体質から脱け出せるのか?
・給料を3%上げるには、いくら売上を増やさないといけないのか?
・この設備投資は、いくらでモトが取れるのか?
・資金繰りを楽にするには、どう対処すればいいのか?


このような「経営判断の基準」が、ある簡単な図を描くことで手に入ります。

簡単にいうと、決算書から7つの数字を拾い出すだけで描くことができるのです。

たとえ決算書が読めなくても、お金の全体像と儲けの仕組みが、
ビジュアルで、イメージとして、つかむことができるようになるのです。

この簡単な図を使うと、
「経営判断に必要なツボをおさえた経営」ができるようになります。

これを『超★ドンブリ経営』とよんでいます。


詳しくは、セミナー開催一覧をご覧ください。
 ⇒ 「セミナー開催一覧」はこちら
 
 

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。