税理士とは?

no

税金の専門家の税理士

日本の税金の多くは、申告納税方式を採用しています。
この方式は、国民が、自分の納税額を自分で記録・計算し、自分で申告・納税することを原則とする制度です。
近年、税法は、複雑になり、たびたび改正されるなどのため、一般国民が税法を正確に理解することが困難な状況にあります。
このため、行政から独立した立場で、国民(納税者)に助言・指導し、また、納税事務を代行する税の専門家として設けられたのが税理士です。

経営者側で作った書類を、経営者から独立し、株主等の立場からチェック(監査)する公認会計士と異なり、税理士は、税金・会計の専門家として経営者をサポートする立場で仕事をします。

税理士の業務

  1. 税務代理
    税務署、都道府県・市町村の税務担当部署に対して、納税者に代わって税金の申告、申請、請求、主張、不服申し立てなどについて、代理・代行します。


  2. 税務調査の立会い
    税務署などによる税務調査に立会い、場合に応じて説明、陳述、主張の代理を行い、納税者の権利を守ることも重要な仕事です。


  3. 税務書類の作成
    税務署、都道府県・市町村の税務担当部署に提出する申告書や申請書を、納税者に代わって作成します。これを提出するときには、その書類に署名押印します。


  4. 税務相談
    税務署、都道府県・市町村の税務担当部署に対する申告や主張、陳述、申告書の作成に関して、税金の計算、特例等の適用の可否などの相談に応じます。


  5. 会計業務
    財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行その他財務に関する事務を行います。


  6. 租税に関する訴訟の補佐人
    税金に関する訴訟において訴訟代理人(弁護士)とともに出頭・陳述し、納税者を支援します。
  
 
   
  
● 今回の記事はいかがでしたか? もし参考になりましたら、
  下記の「いいね!」ボタンをクリックして、口コミにご協力ください。
     
      
       


もっと知りたい方はこちらへ  
    
大まかなことは分かったけれど、
自分の事業に置き換えた場合、具体的にどうすればよいのか??
 
もう少し、自分の事業内容にそった詳しい解説がほしい・・・!

 ……そのように感じられて当然かと思います。
 
  ですがブログという性質上、
  個々の業種や状況などに応じた具体的な解説は難しいのです。
  
  よろしければ下のリンクから、どうぞお気軽にお問い合わせください。
  相談料は初回無料です。
                           ⇒ お問い合わせはこちら

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。