会社設立(法人化)をためらう理由について

ユメタスコンサルティング » 会社設立について » 会社設立(法人化)をためらう理由について
no

会社設立(法人化)をためらう理由について


自分の経営する事業が軌道に乗ってくると、次のステップとして「事業の法人化」という目標が見えてきます。

もちろん、「会社設立(法人成り)のメリットとデメリット」で解説したように、法人化するにはメリットもデメリットもあるのですが、考えるべきことはそれだけではありません。

会社設立(法人化)について考えたとき、事業主のみなさんの中には、様々な「漠然とした不安」がよぎることかと思います。

そうした漠然とした不安があるために次のステップに踏み出せない……、そんな事業主の方々と、これまでたくさん接してまいりました。

そこで、ここでは事業主の方が「法人化」に対してどのような不安を感じておられるのか、また、その解決方法とは何なのかについて解説いたします。
 

「会社の作り方に対する不安」と「法人化の後の経営に関する不安」

法人化をめぐる事業主様の不安には、大きく分けて2種類のものがあると思います。

まず1つは、会社の作り方など「法人設立そのものに対する不安」。

2つ目は、法人化した後にどのような問題が起こるのかといった、「法人にした後の経営に関する不安」です。

法人の作り方に対する不安は「法人を設立してしまえば解決」するわけですから、いわば一過性のものともいえますが、法人を作ってしまった後の問題については、事業を経営していく以上、常に不安にさらされることになります。

ご自身が法人化について何か不安を感じておられるのであれば、それがどちらの問題になるのか、いったん分けて考えて見られることが大切です。

以下では、上に挙げたそれぞれの不安について、細かく解説いたします。
 

その1 法人の作り方に関する不安について

法人を設立しようかと考えたとき、多くの事業主の方は以下のような不安を感じられるのではないでしょうか。
  • 法人化の手続きが分からない。
  • 法人化の費用は高いのでは?
  • 資本金が準備できないのでは?
  • 役員が集まらないのでは?
  • 株主の人数も足りないのでは?
  • 個人財産が取られてしまうのでは?  ……など。
このような、法人の作り方に関する問題に対してアドバイスをしてくれ、必要な手続きも代行してくれるのが、司法書士の先生方です。

もし会社設立を司法書士に依頼されるのであれば、疑問に感じたことはとことん相談してみてください。

必要な要件さえ揃えば法人は設立できますので、比較的スムーズにあなたの会社が出来上がると思います。
 

その2 法人化した後の、経営上の不安について

問題はそのあとです。
法人を作ってしまうのは、いわば一つの手続きに過ぎません。

多くの方が不安に感じ、法人化に二の足を踏まれているのは、法人にした後でどのような問題が起こるかが分からないということだと思います。

少し多くなりますが、例えば以下のような不安を感じておられるのではないでしょうか。
  • 本当に自分にも法人の経営ができるの?
  • 本当に有利になるのか?
  • 後で面倒なことにならないの?
  • 帳簿などの面倒なことが増えないのか?
  • 取引先や仕入れ先からクレームがこないか?
  • 役員になったら大きな責任がかかるのではないか?
  • 許認可などで面倒なことは起こらないか?
  • 資金繰りが悪くならないか?
  • 今の経営資産がそのまま使えるのか?
  • 辞めたくなった時に面倒にならないか?
  • 税務署に狙われるのではないか?
  • 事業計画の立て方がよく分からない。   ……など。
これらの、法人化した後に起こるかもしれない問題があるせいで、法人化してよいのか判断できかねている方がとても多いのです。

会社を設立すること自体は簡単です。
でも、設立した後に生じてくる問題は、なかなか事前に予測のできるものではありません。

ですが、これらの問題を前もって知っておくことができたらどうでしょう。
もっと言えば、それらの問題に対する解決方法まで事前に分かっていればどうなるでしょうか。

きっと今以上に、冷静に、法人化を検討してみることができるはずです。

弊社ではそのようなことを目的にして、定期的に「法人化成功のポイントセミナー」を開催しています。(詳しくは「セミナー開催一覧」をご覧ください)

あなたにとって、本当に法人化がメリットになるのか、また、法人化した後にどのような問題が起こりうるのかを詳しくアドバイスさせていただきます。
 

それでも突発的な問題は起こる

事業の経営とは、問題解決の連続です。
法人化を検討されているような事業主の方なら、その意味が理解していただけると思います。

いくら事前に問題やトラブルが予測できていても、それ以外の思わぬところから新たな問題が出てくるものです。

法人を設立したとなれば、これまでになかった問題が起こることも多いでしょう。

そんな時、頼りにできる、経験豊かな助言者がそばにいるかどうか。
それも法人経営成功のポイントです。

法人化を検討している今の段階のうちに、そのようなアドバイザーを味方につけておけば、あなたの事業は大きく飛躍する可能性が高まるのです。

法人は、作って終わりではありません。

設立したあとに続く経営の中で、「何かあった時、ちょっとしたことを聞ける」という味方を付けておくのがとても大切なことなのです。

弊社では、そんな風に、事業主のみなさまのお手伝いをさせていただいております。

事業主の方の夢がかなうまで、いつも味方であり続ける。
それが私の信念です。

セミナーのご参加だけではなく、ご質問も随時受け賜っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

あなたの夢がかなうことを心より願っております。
  
 
   
  
● 今回の記事はいかがでしたか? もし参考になりましたら、
  下記の「いいね!」ボタンをクリックして、口コミにご協力ください。
     
      
       


もっと知りたい方はこちらへ  
    
大まかなことは分かったけれど、
自分の事業に置き換えた場合、具体的にどうすればよいのか??
 
もう少し、自分の事業内容にそった詳しい解説がほしい・・・!

 ……そのように感じられて当然かと思います。
 
  ですがブログという性質上、
  個々の業種や状況などに応じた具体的な解説は難しいのです。
  
  よろしければ下のリンクから、どうぞお気軽にお問い合わせください。
  相談料は初回無料です。
                           ⇒ お問い合わせはこちら

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。