上司や先輩が頼りないので……。

ユメタスコンサルティング » 経営コンサルティング » 上司や先輩が頼りないので……。
no

上司や先輩が頼りないので……。


 
     
この記事を読むのにかかる時間 : 約3分


「先輩が頼りないんで、困っている。」

「上司は、回りばかり気にしていて、
 上司をとばして社長と話さないと事業が進められない……。」

こんな悩みを持つ方の話をよく聞きます。
 
ですが、
先輩社員に不満をつのらせる前に一つの現実を理解してください。

これは、急速に発展している中小零細企業によくあるケースなのです。


会社が発展してくると、社員の採用ペースが高まり、
求める人材・応募してくる人材ともに、優秀になっていきます。

たとえば、3年前までの無名な零細企業時代には、
求人募集を出しても、問い合わせさえ少なかったのです。

単純作業をまじめにこなしてくれる人であれば、喜んで採用した。
社長が先頭で引っ張っていたので十分に働けていた。
   
それが、業績が向上して社長が多忙になった今は、
自ら課題を見つけて働ける人を求めるようになったのです。

優秀なあなたは、3年前の無名なこの会社を選ばないでしょう。
 
でも、

あなたが入社したいと思える会社に発展させてきたのは、
社長と、無名な零細企業に応募してきた先輩社員なのです。


会社がゆっくり成長していれば、採用する社員の条件もゆっくり変化しますから、
上司となる社員の成長で、ある程度カバーができます。
  

先輩社員は、採用のとき要求されていたことをちゃんとこなしています。
だから会社も急速に発展しました。
 
先輩社員は、不満を言われる筋合いがありません。
要求されることが急速に増大して、困っているだけなのです。


後輩で優秀なあなたは、これらの現実を理解する必要があります。

あなたは、発展した会社に魅力を感じて応募してきました。
要求されるものも高いレベルだと思います。
 
でも、先輩社員は、素晴らしい後輩が入社してきて戸惑っているのです。

先輩を批判しても、職場の空気が悪くなるだけです。
 
先輩社員に指示を出してくれていた社長は、
今や、とても多忙でカバーしていられません。

ならば社長の意向を読み取れるあなたが、先輩をうまく手伝って、
組織全体で成果を上げる工夫をしてください。

急速に会社を発展させている社長ならば、
成果を上げる先輩の後ろ側で頑張っているあなたの活躍を、十分に理解できるはずです。

設備や知名度・ルートがそろっていない時代に
苦労してきた先輩社員の問題解決能力は、まだまだ必要なはずです。
 
うまく組織をまとめて、がんばってください。
  
  

● 今回の記事はいかがでしたか? もし参考になりましたら、
  下記の「いいね!」ボタンをクリックして、口コミにご協力ください。
     

      
       


もっと知りたい方はこちらへ  
    
大まかなことは分かったけれど、
自分の事業に置き換えた場合、具体的にどうすればよいのか??
 
もう少し、自分の事業内容にそった詳しい解説がほしい・・・!

 ……そのように感じられて当然かと思います。
 
  ですがブログという性質上、
  個々の業種や状況などに応じた具体的な解説は難しいのです。
  
  よろしければ下のリンクから、どうぞお気軽にお問い合わせください。
  相談料は初回無料です。
                           ⇒ お問い合わせはこちら

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。