税込の売上金額はどのように計算するのか(計算方法)

ユメタスコンサルティング » 消費税の増税について » 税込の売上金額はどのように計算するのか(計算方法)
no

税込の売上金額はどのように計算するのか(計算方法)


 

この記事を読むのにかかる時間:約3分
 

販売価格(税込)の計算方法は?

 
税込の売上金額は、今まで通り本体価格に消費税率をかけて消費税額を計算し、
本体価格に消費税額を加えた価格を税込価格とします。
 
また、消費税額に円未満の端数が出た時は、切り捨てます。    

たとえば、本体価格が1,000円であれば

  • 平成26年3月31日までなら、1,000×5%=50(円)
     → 1,000+50=1,050(円)
     
  • 平成26年4月1日からは、1,000×8%=80(円)
     →  1,000+80=1,080(円)
     
  • 平成27年10月1日からは、1,000×10%=100(円)
     →  1,000+100=1,100(円)


となります。


たとえば、本体価格が96円であれば

  • 平成26年3月31日までなら、96×5%=4.8 ⇒ 4(円)
     → 96+4=100(円)
     
  • 平成26年4月1日からは、96×8%=7.68 ⇒ 7(円)
     → 96+7=103(円)
     
  • 平成27年10月1日からは、96×10%=9.6 ⇒ 9(円)
     →  96+9=105(円)


となります。
 

  • 平成26年3月31日まで    
      本体価格+本体価格×5%=税込金額
     
  • 平成26年4月1日から    
      本体価格+本体価格×8%=税込金額
     
  • 平成27年10月1日から     
      本体価格+本体価格×10%=税込金額


となるわけです。
 
 
【この記事のまとめ】

商品の販売価格(売上価格:税込)は、これまで通り本体価格+消費税額。
ただし消費税率を乗じた時に1円未満の端数が出た場合は切り捨てる。


  
● 今回の記事はいかがでしたか? もし参考になりましたら、
  下記の「いいね!」ボタンをクリックして、口コミにご協力ください。
     

      
       


もっと知りたい方はこちらへ  
    
大まかなことは分かったけれど、
自分の事業に置き換えた場合、具体的にどうすればよいのか??
 
もう少し、自分の事業内容にそった詳しい解説がほしい・・・!

 ……そのように感じられて当然かと思います。
 
  ですがブログという性質上、
  個々の業種や状況などに応じた具体的な解説は難しいのです。
  
  よろしければ下のリンクから、どうぞお気軽にお問い合わせください。
  相談料は初回無料です。
                           ⇒ お問い合わせはこちら


   
  

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。